AQUA JOURNALじゃないです。アクアリウムとかジャンクフードとかその他もろもろをゆるい感じでいきますです。
by aquajunk
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:D.I.Y( 4 )
バブルストッパー
f0181232_1855136.jpg
Tottoバブルストッパー
泡の飛散がなくなるとのことで欲しいなと思ったのですが、
サイズ的にも水深18cmの60Fにはちょっと厳しそうです。
てな訳で、もっとコンパクトなものを自作してみました。

f0181232_18594798.jpg
アクリルパイプを適当な長さで切って、
片側にエア抜き用にスリットを入れました。

f0181232_1915994.jpg
100均で見つけたイスの脚に付けるキャップ。
これを加工してアクリルパイプ本体の蓋にします。

f0181232_195174.jpg
中身はこんな感じ。
内径がアクリルパイプの外径と同じで透明で多少の弾力がある為、
蓋にするにはもってこいな素材です。

f0181232_1953536.jpg
薄く切って真ん中にエア用のパイプが通る穴を開けます。

f0181232_197025.jpg
パイプなら何でもいいと思いますが、今回はあまっていたジョイントグラスを使いました。

f0181232_199324.jpg
ジョイントグラスの片方にパイプとエアストーン。
もう片方に逆流防止弁をつけて、中身は出来上がりです。

次に本体を水槽に設置する為のホルダーを作りました。

f0181232_19102049.jpg
U字に曲げたアクリルの板に、パイプを輪切りにしてC字に広げたものを接着しました。
えーっと、接着に少し失敗して汚くなってしまったのは内緒です(´Д`;)

f0181232_19151917.jpg

f0181232_19153036.jpg
本体、中身、ホルダーを全部合体させるとこんな感じで完成です。

f0181232_19175755.jpg
早速設置してみました。
ジョイントグラスを使ったのは正解だったかも(*´Д`*)

f0181232_19192975.jpg
写真じゃちょっと見辛いですが、エアレーションの泡は筒の上部に結構たまります。
そして、スリットから水だけが水槽に流れていきます。
このスリットが細かったり、ただの穴だったら泡がはじけたり水が勢いよく出るかもしれないです。
今回は適当に削ったのですが上手くいったみたいです。
それと、蓋の部分がひさしの様に少し出ているので、スリットから出てくる水の量が増えても、
水や泡があっちこっちに飛び出したりすることは無さそうです。
一応試してみましたが、蓋の部分に当ってからデロデロと垂れてくる感じでした。
まぁ、スリットから出てくる水の量は、エアポンプの排出量と
本体の設置位置(高さ)で調整できるので問題は無いかなと。
あと、泡が飛散しないので音がすごく静かになったのがイイ感じです(・∀・)v

今回は単体で作ってみましたが、次回作る機会があったら
メタルジェットパイプに直接取り付け出来るものを作ってみようかなと。
[PR]
by aquajunk | 2009-03-16 00:00 | D.I.Y
CO2拡散器
CO2を添加するのにパレングラス・ミニCO2マックスリアクターを使っていました。
パレングラスはキレイなんですが掃除が面倒。
CO2マックスリアクターはペコペコという音が気になるのと、掃除がかなり大変。
そこで何かいいものは無いかなとチャームさんを見ていたらCO2マスターなるものを発見。
外部ホースの途中に設置するのでスペースも気にならないし掃除も楽そう。
でも、3600円はチト高い・・・(´Д`;)
てな訳で作ってみました。

f0181232_22254710.jpg
用意した材料は以下の通り。

・T字ジョイント(外径12mm)
・スドー CO2マイクロストーン
・ADA 逆流防止弁
・ADA クリアホース(13φ)
・シリコンチューブ

ホースなんかは手元に余ってたやつなので全部で1200円ぐらいで揃いました。

ではでは、これらを組み立てていきます。

f0181232_22302732.jpg
まずT字ジョイントの中にCO2マイクロストーンが入るようにしなくちゃいけないのですが、
赤く囲った部分が若干大きいのでヤスリで削ってジョイントの中に入るサイズにします。
全体的に0.5mmぐらい削れば入るようになると思います。

CO2マイクロストーンにシリコンチューブを繋げT字ジョイントの中に入れます。

f0181232_22332888.jpg
半分ぐらい頭が出る長さに調整してみました。

f0181232_22373897.jpg
差し込んだ側から覗くとこんな感じ。

f0181232_22381990.jpg
100均で買ったこいつを使って、T字ジョイントとシリコンチューブの間にシリコーンを流し込みます。

f0181232_22412379.jpg
多分これで防水は大丈夫だと思う・・・。

シリコーンが乾いたらT字ジョイントにクリアホースを付けて、中に逆流防止弁を入れます。
逆流防止弁の先がきちんとシリコンチューブに入ってるのが確認できたら、
念の為に逆流防止弁の頭にもシリコーンを盛ります。

f0181232_22487100.jpg
ホースは逆流防止弁の頭から5mmぐらい出る長さにして、そのスペースにシリコーンを流し込んでみました。

f0181232_22542814.jpg
出来上がりヽ(´ー`)ノ

f0181232_22545564.jpg
早速設置してみました。
今回はなんとなく出水側に繋いでみましたが吸水側の方がよかったのかなぁ?
今のところ水漏れもなくCO2の泡がホースの中を流れて行くのが確認できたので成功かと(*´д`*)

f0181232_22575817.jpg
ホース内を流れる気泡をなんとか写真に収めようとしたのですが難しい(´Д`;)
矢印の先の2本の白いヒョロヒョロしたのが一応気泡なんですが・・・(´Д`;)

f0181232_23165638.jpg
試しに多めに添加してみたら水槽内ではコレぐらいの細かさの泡です。

で、作ってる途中で思ったのですが、なんか面倒臭いことしてるなと・・・(´;ω;`)
シリコーンとか使わずにもっと簡単に作れるような気がします。
今回のは一応成功ですが、近いうちにちょっと材料を替えて作り直してみようかなと。
[PR]
by aquajunk | 2008-09-16 00:00 | D.I.Y
ファンです
飼育水を冷やす為にファンを使ってます。
コトブキスポットファンとかテトラのやつとか・・・。
なんだかんだで4個ぐらい買ってみたのですが、どれもこれもうるさい(´-ω-`)
さらに昨年は静けさを求めチト奮発して7000円ぐらいで、
発売直後のテトラのCX-30っていうクーラーも買ってみましたがこれもうるさいヽ(`Д´)ノ
ペルチェ素子を冷やす為に使われているファンがうるさいので、
普通のテトラのクリップ式のファンを使ってるのとあまり変わらないうるささでした。
色々と使ってみた結果一番静かに感じたのはコトブキのスポットファンでしたが、
それでも自室にある為、やっぱりうるさく感じてました。

てな訳で今年はPC用のファンを加工するしかないかなと思い、
7月の終わりごろにちゃっちゃと作ってみたのが↓です。

f0181232_03921.jpg
使用したのは株式会社サイズ光る!鎌風の風PWMってやつです。

f0181232_051631.jpg
中身はこんな感じ。
水槽の上に被さるものなので透明なのがいいかなと思いこいつにしてみました。
大きさは9cmと12cmで悩みましたが大は小を兼ねるってことで12cmに。
60cm水槽に対してはチト大きかったかもです(´Д`;)

さて、このPC用のファンを動かすには電源が必要です。
水槽で使うのにPCから電源取ってくるってのはかえって面倒なので、代わりのものを用意します。
ファンが12vなので12v用のACアダプターと接続します。
12vのACアダプターならなんでも動くんじゃないかなぁ?
多分9vのACアダプターでもいけると思います。
で、買ってみたのがコレ↓です。

f0181232_0132039.jpg
今回使用したのはHARD OFFで買ったジャンク品で、200円の12vのACアダプター。
多分、昔のケータイの充電器のやつだと思います。

ファンとACアダプターのコネクターはそれぞれ互換性がないので、
新たに接続し直さないといけません。
直接、線同士をハンダ付けしてもいいのですが、
ファンかACアダプターのどちらかが壊れた時に面倒なので、
市販のコネクターを使って接続することにしました。

f0181232_0161489.jpg
使ったのはホームセンターで売っていた車用の2極コネクターです。
ファンもACアダプターも12vなので車用のが使えます。
値段は150円くらいだったかな。
本当は水周りで使うものなので防水タイプの方がいいのですが、
何気に高かったので安い方を買ってしまいました(´Д`;)

接続方法はファンに元から付いているコネクターを切り取って、
赤(+)と黒(-)を2極コネクターのメス側に付けます。
黄色とオレンジのコードはスルーでいいです。
4本のコードは見た目派手なので、熱収縮チューブの中に通しました。

次にACアダプターのコネクターを切り取って、
黒白(+)と黒(-)を2極コネクターのオス側につけます。

f0181232_017987.jpg
で、合体!!
ここできちんと通電してるか作動テストしてみました。

f0181232_0211133.jpg
回ってまーすヽ(´ー`)ノ
光ってまーすヽ(´ー`)ノ
って別に光らなくてもいいんですけどね(´Д`;)
LED外したり線切ったりするの面倒だったので当分このままです。

次はどうやって水槽の淵に固定するかです。
とりあえず手持ちのもので何かないかと探してみたらありました。

f0181232_0214812.jpg
ADAキューブガーデン専用フックです。
これなら目立たずシンプルに固定できます(*´д`*)
ファンの角にはネジ穴が開いているので、
このフックに穴を開けてネジで固定と思ったのですが、微妙に長さが合いません(ノД`)

ん~ん、接着しちゃいますw

f0181232_0222573.jpg
アロンアルファーゼリー状でつけちゃいました。

f0181232_023664.jpg
思ってた以上にちゃんと付いてるっぽいです。
きちんと乾燥してるのを確認したら、水槽に設置してスイッチオンです。

f0181232_024929.jpg
逆サーモにつないで設置です。
無音?ってぐらいに静かです。マジ感動です・゚・(つД`)・゚・
蛍光灯の反射で分かると思うけど水面もイイ感じで波打ってます。

f0181232_0245266.jpg
でも真横から見てみるとちょっと怖いです(((( ;゜д゜)))アワワワワ
コレ、フックがポロってはずれたらドボンです。。。
チト不安・・・。
来年は他の設置法を考えた方がいいかもです(´Д`;)

f0181232_026990.jpg
消灯後にファンが作動するとこんな感じです。
キューバ・パールグラスの気泡が何気に綺麗(*´д`*)

てな訳でちゃっちゃと作ってみましたが、
今回掛かった金額はファンが送料税込みで1600円ぐらい。
コネクターが150円、ACアダプター200円の計1950円。
アクアリウム用のファンと同じぐらいの値段で、
全然静かなファンが手に入ってめでたしめでたしです(*´д`*)
[PR]
by aquajunk | 2008-09-10 00:00 | D.I.Y
パイプカット
パイプカットって言っても変な方のじゃないです。
60Fは高さが18cmしかないので普通に吸水パイプは付けられません。
んじゃ、切っちゃいましょってことでメタルジェットパイプV-1を切って使ってます。

f0181232_1731567.jpg
パイプカッターなるものを使ってクルクルやってパキンと切れます。

f0181232_1742735.jpg
先っちょを付け直して出来上がり。
なんか短くてかわいいです(*´д`*)
[PR]
by aquajunk | 2008-09-05 00:00 | D.I.Y