AQUA JOURNALじゃないです。アクアリウムとかジャンクフードとかその他もろもろをゆるい感じでいきますです。
by aquajunk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
CO2拡散器
CO2を添加するのにパレングラス・ミニCO2マックスリアクターを使っていました。
パレングラスはキレイなんですが掃除が面倒。
CO2マックスリアクターはペコペコという音が気になるのと、掃除がかなり大変。
そこで何かいいものは無いかなとチャームさんを見ていたらCO2マスターなるものを発見。
外部ホースの途中に設置するのでスペースも気にならないし掃除も楽そう。
でも、3600円はチト高い・・・(´Д`;)
てな訳で作ってみました。

f0181232_22254710.jpg
用意した材料は以下の通り。

・T字ジョイント(外径12mm)
・スドー CO2マイクロストーン
・ADA 逆流防止弁
・ADA クリアホース(13φ)
・シリコンチューブ

ホースなんかは手元に余ってたやつなので全部で1200円ぐらいで揃いました。

ではでは、これらを組み立てていきます。

f0181232_22302732.jpg
まずT字ジョイントの中にCO2マイクロストーンが入るようにしなくちゃいけないのですが、
赤く囲った部分が若干大きいのでヤスリで削ってジョイントの中に入るサイズにします。
全体的に0.5mmぐらい削れば入るようになると思います。

CO2マイクロストーンにシリコンチューブを繋げT字ジョイントの中に入れます。

f0181232_22332888.jpg
半分ぐらい頭が出る長さに調整してみました。

f0181232_22373897.jpg
差し込んだ側から覗くとこんな感じ。

f0181232_22381990.jpg
100均で買ったこいつを使って、T字ジョイントとシリコンチューブの間にシリコーンを流し込みます。

f0181232_22412379.jpg
多分これで防水は大丈夫だと思う・・・。

シリコーンが乾いたらT字ジョイントにクリアホースを付けて、中に逆流防止弁を入れます。
逆流防止弁の先がきちんとシリコンチューブに入ってるのが確認できたら、
念の為に逆流防止弁の頭にもシリコーンを盛ります。

f0181232_22487100.jpg
ホースは逆流防止弁の頭から5mmぐらい出る長さにして、そのスペースにシリコーンを流し込んでみました。

f0181232_22542814.jpg
出来上がりヽ(´ー`)ノ

f0181232_22545564.jpg
早速設置してみました。
今回はなんとなく出水側に繋いでみましたが吸水側の方がよかったのかなぁ?
今のところ水漏れもなくCO2の泡がホースの中を流れて行くのが確認できたので成功かと(*´д`*)

f0181232_22575817.jpg
ホース内を流れる気泡をなんとか写真に収めようとしたのですが難しい(´Д`;)
矢印の先の2本の白いヒョロヒョロしたのが一応気泡なんですが・・・(´Д`;)

f0181232_23165638.jpg
試しに多めに添加してみたら水槽内ではコレぐらいの細かさの泡です。

で、作ってる途中で思ったのですが、なんか面倒臭いことしてるなと・・・(´;ω;`)
シリコーンとか使わずにもっと簡単に作れるような気がします。
今回のは一応成功ですが、近いうちにちょっと材料を替えて作り直してみようかなと。
[PR]
by aquajunk | 2008-09-16 00:00 | D.I.Y
<< 萌え? 60F >>